■ INDEX
出発前のチェック

客船、船、フェリーでの旅行(船旅)のために

  豪華客船

豪華客船の旅の場合

長距離フェリー

長距離フェリーの旅の場合


■ 客船、船、フェリーでの旅行のために

豪華客船で、豊かな旅を楽しむお客様が増えているそうです。
例えば海外旅行でも、まるでビジネスの出張のように乗り換え、また乗り換え、とアタフタすることなく、豪華客船に乗って寝泊まりしている間に次の目的地(寄港地)につきます。
目がさめればそこはカサブランカ、また目がさめればバルセロナ…といった具合です。寄港地ごとにオプショナルツアーが用意されているケースがほとんどですので、現地の気候、食、文化もちょっとだけかじることができます。のんびりと、かつ贅沢な旅というわけです。

このページでは、こうした豪華客船での旅と、家族で気軽に利用できる長距離フェリーの旅についてご紹介したいと思います。

大原則は以下の2つです。
・船内では、各運行会社が定める規則に従うこと
・他の乗客や宿泊客に迷惑をかけないこと

【チェック項目】
・プランを決める
(1)目的地を決めます。
◎海外、国内それぞれの目的地を決めます。
 海外の場合、長期のクルージングとなり、数カ国、数カ所を巡る旅がほとんどです。
 国内の長距離フェリーの場合は、ほとんどの出発地と到着地がペアになっています。
 
  ◎出発地をチェックします。
  豪華客船の主な出発地…横浜、神戸をはじめ、鹿児島、東京、大阪、名古屋など
 長距離フェリーの主な出発地…小樽、新潟、舞鶴、新門司、追浜、御前崎、大分、名古屋、仙台、苫小牧、大洗、松山、別 府、大阪、宮崎、志布志、松山、神戸など。

(2)予算を決めます。
 客室の等級により、料金がかなり異なります。
 豪華客船の場合はホテルのような洋室になっていますが、長距離フェリーの場合は、等級によって、個室ツインベッド、個室2段ベッド、和室、カーペット敷フロアなどとなります。

(3)日程を絞り込みます。
(4)準備
 持参するもの、室内に供えられているものは船によって異なります。
 海外への渡航の場合はパスポートが必要となります。
  主なものは、このページの別項目で紹介しています。
 
その他
ペットについては、専用ケージを備えている船と、ペット不可の船などがあります。基本的にペットと一緒の船旅は難しいでしょう。
 
  ▲PAGE TOP

■ 豪華客船の旅の場合

数カ月に及ぶ優雅な長期旅行のイメージがある豪華客船の旅ですが、このところ様々なプランが増え、10日以内の短期間のものも充実しています。長期の休みはとりにくい、あるいは長い間留守にするのは心配という方にとっても、或いは費用を考えると抵抗があるという方たちにとっても、以前よりは随分身近に感じられるようになりました。
下記に項目別にご紹介します。

・船内での服装
▼フォーマルな装いも必要

・船内で過ごす場合、例えちょっとした散歩でも、いつもTシャツやショートパンツ、ゴム草履というわけにはいきません。時間帯や、場所によって、服装が指定されています。
船内の規則に従って服装を着替える必要があります。

 例えば、以下のようになります。
・フォーマルの指定がある場合…男性はタキシード(またはダークスーツ)。女性はアフタヌーンドレス、イブニングドレス(無ければドレスまたはスーツ)。
・インフォーマルの指定がある場合…男性はジャケットとネクタイ。女性はワンピース、ブラウス+スカート。
・カジュアルの指定がある場合…男性は襟があるシャツとズボン。女性はブラウス+スカート。
 
   
・船内でのインターネット使用
▼事前確認が必要

・船によって、インターネットが使用できる船と、使用できない船があります。
パソコン室がある客船の場合にはパソコンも借りることができます。
 海外まで渡航する船は、インターネットは不可でもメールはOKという客船が大半です。念のため事前に確認されることをおすすめします。
 
・携帯電話のメールについては、圏外の場合がほとんどです。
 
   
・食事
 

▼レストランが入れ替え制の場合も

場合によっては、レストランに行く際にフォーマルな服装に着替える必要があります。

   
・持ち物
 

▼外国船の場合は変圧器も忘れずに

▼その他の持ち物
・着替え(フォーマルな服装も必要。海外クルージングの場合には現地の気候に合わせた着替えも必要。それぞれの服装に合わせた靴も必要です)
・いつも使っている常備薬
・パジャマ、寝間着
・帽子、傘(傘は備えていないそうです)


▼持ち込みする荷物の制限など(一般 例)
・荷物の重量が30kg以下で、3辺の合計が2メートル以内のもの。
 数量制限はありません。

▼乗船時に持つことができない大きな荷物は、事前に宅配便などを利用して船に送ることができます。

   
・その他
 

▼外国船の場合はチップも必要になります。

▼船内には医務室やドクターもいます。
 

 
  ▲PAGE TOP


■ 長距離フェリーの旅の場合

国内の旅行の場合、運転の疲労や、乗り換えの煩わしさから開放される長距離フェリーの旅はいかがでしょう。海から見える街の灯は、いつもとはちがった旅情をかきたてます。
下記に項目別にご紹介します。

・船内の施設
▼大浴場やスポーツジムも

・ほとんどの長距離フェリーにはお風呂がついています。夕日を見ながら大浴場で手足を伸ばし、日頃の疲れを癒してください。サウナやジャグジーがついた船もあります。
船によってお風呂の設備や大きさが異なります。

・スポーツジムやプレイルームを備えた船もあります。もちろん、自動販売機、売店、ラウンジなどの施設も充実しています。
 
・客室は、等級によって、特等〜一等洋室、一等和室、一等〜ニ等2段ベッド、ニ等カーペットが敷かれた広間、といった具合に別 れています。
ちなみに、最も安い二等の広間の場合、荷物を置く棚と、横になることのできる簡単な毛布や枕などが備えられています。イメージとしては、広間にカーペットを敷いたようなイメージです。
最も高い特等洋室の場合には、ベッドのほか、バス、トイレ、冷蔵庫、TVなどがあります。

 
   
・ペットと一緒に乗船する
▼事前確認が必要

・主にイヌについて、船によって、利用できる船とできない船があります。
大型犬は不可で、決められたケージサイズに入る大きさの犬に限定される場合がほとんどです。事前に必ず確認をしてください。
また、船舶会社によって、有料の会社と無料の会社があります。
乗船中は犬の散歩はできませんが、えさをあげたり、水をあげたりすることはできます。

・許可されたケージに入らない一般 的なペットは、車中に置いたまま、人間だけが乗客スペースに移動することになり、渡航中は危険防止のために駐車エリアに近付くことができない場合が多い為、ペット連れのフェリー利用はあまりおすすめできません。  
   
・登場手続き
 

▼車両も乗船する場合は、車検証を用意する。
乗船申込書や乗船名簿など、フェリー各社が定める申込用紙に所定事項を記載して申し込みます。


▼出発時刻の60分前〜120分前(季節や港によって異なります)までに搭乗手続きを済ませます。

   
 
  ▲PAGE TOP
 
 

旅行マナーTOP
About Us プライバシーポリシー
このサイトの運営者:全国観光宿泊ガイド事務局 
問い合わせ先>>jimukyoku○jp-guide.net

(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、アドレスをテキスト表記しています。
お手数ですが ○を半角の@に訂正して送信してください)



(c) The secretariat of "The guide of all-Japan sightseeing and staying" All rights reserved.