■ INDEX
出発前のチェック

犬との旅行に出発する前にチェックすること

  用意するもの

犬との旅行で持参したいもの

  用意するもの

犬との旅行の際の、宿での過ごし方


■ 出発前のチェック

犬(ペット)と一緒の旅行をいっそう楽しいものにするために、まずは以下の項目についてチェックをしましょう。
大原則は以下の2つです。
・ ホテルや旅館など、宿泊施設の規則に従うこと
・他の宿泊客や他のペットに迷惑をかけないこと

【チェック項目】
(1)トイレのしつけがきちんとできていますか?
…外で用をたすワンちゃんと、建物の中で用をたすワンちゃんがいます。
外で用をたすワンちゃん(犬)は、外で済ませてから宿に入るようにします。室内ではトイレセットで用をたせるようにしつけます 。

(2)やたらに吠えないしつけがきちんとできていますか?
…ワンちゃんの場合、一匹の犬が吠えると他の犬も一斉に吠え出すことがあります。やたらに吠えるくせのあるワンちゃん(犬)はきちんとしつけておきましょう 。
 
(3)狂犬病予防接種、各種混合ワクチンなどの摂取を済ませていますか?
…ワンちゃんの場合、狂犬病ワクチン、混合ワクチンの接種、およびフィラリア症予防などが重要な感染予防となります 。  
  旅先ではワクチン摂取前の子犬と接触することもありますので注意しましょう。
 
(4)飼い主が離れても、お部屋(またはケージ内)で独りでおとなしく過ごせるしつけができていますか?
…宿によっては、人間とペットで、使用が許可されているスペースが分けられているところもあります。
旅先で飼い主が離れても、お部屋(またはケージ内)で犬がやたらに吠えたりせずにおとなしく過ごせるようしつけておきましょう。
(5)おすわり、伏せなどの基本的なしつけはできていますか?
…宿によっては、共有スペースにペット(犬)の同伴OKというところもあります。
旅先では飼い主同志の交流も楽しいもの。
室内で犬がやたらに吠えたり走り回ったりせずにおとなしく過ごせるようしつけておきましょう。 基本的には飼い主の足元でお座りや伏せが望ましいでしょう。
 
  ▲PAGE TOP
■ 犬との旅行で持参したいもの
  犬との旅行には、以下のものを持参したいものです。

【犬との旅行に準備するもの】
(1)糞の後始末グッズ
ふだんとは違う環境で過ごすため、ペットも神経質になります。うっかり粗相をしてしまう場合も… 。

基本的には、ペットの糞は飼い主が掃除や始末をします。糞の後始末グッズは忘れずに持参しましょう。糞を入れる袋も持参します。( 糞のしまつのために、新聞紙やビニール袋など多めに持参します。)

持ち帰るのが原則ですが、宿に専用のダストボックス(糞を捨てるためのゴミ箱)がある場合にはその中にいれます。
(2)ペット用トイレセット
宿に事前に確認し、ペット用のトイレが無い場合には、トイレセットを持参します。防水シートも忘れずに持参しましょう。
 
(3)首輪とリード
宿には他の宿泊客や他のペットもいますので、ほとんどの宿が、館内ではリードを使用するように義務付けています。

旅先でうっかり迷子になることも考慮し、 首輪には連絡先を記載しておきます。
(4)犬の足を拭くもの
宿によっては、ペット用の足洗い場が用意されている場合もあります。無い場合には入館時にワンちゃん(犬)の足をきれいに拭いてあげるのがマナーです。
(5)かごまたはケージ
移動の際、あるいはお部屋で留守番をさせておくときなどに必要に応じて用います。
宿によっては「ケージ持参必須」のところもあります。
(6)ペット用おむつ
トイレのしつけがうまくできていない場合には、ワンちゃんにペット用のおむつを着用させることをおすすめします。
(7)食べ物
ドッグフード、おやつ、飲み水は基本ですが、専用の食器も忘れずに持参します。
(8)薬など
人間だって、ちょっとした旅行の時には用心のための胃薬や風邪薬、絆創膏くらいは持って行きますよね。ワンちゃん(犬)の場合も同じです。
いつものお薬や、ぬれティッシュ、はさみ、テープ、ダニ取りグッズなどを持参します。
(9)シーツ
客室のベッドにペットを乗せるのはNGです。もし宿でOKが出た場合にも、持参したシーツを上に敷くなどの配慮をしましょう。
(10)ブラシ
入館前にブラッシングしてあげるときに使います。
※出発前にはシャンプーをしてダニを落とし、ブラッシングしてから出かけると良いでしょう。
(11)その他
粘着ローラー、消臭スプレー、おもちゃ、雨具、タオルなど。
   
  ▲PAGE TOP

■ 犬との旅行の際の、宿での過ごし方
  いよいよ楽しい旅行。より一層楽しいものにするために心掛けることをご紹介します。
・ ホテルや旅館など、宿泊施設の規則に従うこと
・他の宿泊客や他のペットに迷惑をかけないこと


【宿での過ごし方】
(1)入館するとき
・入館前に、ブラッシングをして余分な抜け毛を防ぎます。

・入口に入る前にワンちゃんの足をきれいにします。
専用の足洗い場がない場合には濡らしたタオルで拭いてあげましょう、

・チェックインの手続きをしている間は、ケージに入れるか、リードでつないでおきます。

・ フロントでは、館内での注意事項、ペットが入室を許可されている場所、排泄物の処理の仕方などを必ず確認します。
 
(2)エレベーターに乗る時
・他のお客様の迷惑にならないようにワンちゃん(犬)はケージやカゴに入れるか、リードをつけます。
リードの場合、エレベーターの乗り降りの際は、 飼い主、犬の順です。
(3)階段を登る時
・ペンションなど、エレベーターが無い場合の階段の登り降りの場合は、ペットだけが先に行ってしまわないように、飼い主と並んで歩くようにします。
(4)お部屋では
・まずはワンちゃん(犬)のトイレをセットします。ケージに入れることが宿の規則になっている場合にはケージの場所を決め、トイレをセットしてあげます。防水シートを敷けば完璧です。

・ワンちゃんを人間のベッドに直接のせないようにしましょう。ペット同宿OKの宿でも、持参したペット専用シーツをかぶせるなど、宿に対しての配慮を忘れないようにします。

・お風呂、シャワーは、ペット専用の場所が指定されているのが普通 です。人間用のものはワンちゃんに使用してはいけません。

・ペットの排泄物は、飼い主が持ち帰るのが原則です。宿によっては捨てる場所を決めている宿があります。決められた場所に捨てます。

・部屋をよごしたら、飼い主が掃除をし、宿の人に申告します。
(5)食事のとき
・食堂へのペット同伴は不可の宿と、同伴OKの宿があります。

・お部屋でワンちゃんを留守番させる場合には、ケージに入れるかリードでつなぎます。やたらに吠えずにおとなしくお留守番ができるように、ふだんからしつけておきましょう。

・食堂にワンちゃん(犬)を同伴させる場合は、走り回ったりしないようにリードでつなぎます。リードでつなぐ場合には飼い主の足元で伏せか、お座りでおとなしく待つことができることが条件です。
(6)共有スペースでは
・ロビーや、館内移動の場合には基本的にリードでつなぎます。
(7)出発するとき
・お部屋の中を見まわして、粘着テープでペットの毛を取るなど、もう一度チェックをします。
・持参した消臭スプレーも忘れずに使用します。
(8)そのほか
・もし、ワンちゃんが何か壊したりした場合にはフロントに申告して弁償しなくてはなりません。

   
  ▲PAGE TOP
 
 

旅行マナーTOP
About Us プライバシーポリシー
このサイトの運営者:全国観光宿泊ガイド事務局 
問い合わせ先>>jimukyoku○jp-guide.net

(まことに恐れ入りますが迷惑メール対策のため、アドレスをテキスト表記しています。
お手数ですが ○を半角の@に訂正して送信してください)



(c) The secretariat of "The guide of all-Japan sightseeing and staying" All rights reserved.